FXのドルストレートやクロス円って何?

通貨の基本はやっぱり米ドル。

ドルストレートとクロス円。

米ドルを介した通貨の売買米ドルは、FXの通貨ペアにも影響を与えます。

通貨ペアは理論上、通貨の組み合わせの数だけあるのですが、そのなかで押さえておきたい組み合わせが2種類あります。

1つは米ドルとほかの通貨のペアで、ドルストレートといいます。

米ドル/円、ユーロ/米ドルなど、片方の通貨が米ドルならば、すペてドルストレートです。

もう1つは、円と米ドル以外のペアで、クロス円といいます。

ユーロ/円、ポンド/円などです。各通貨は、米ドルとは直接売買のやり取りをしています。

しかし、米ドル以外の通貨の場合、直接のやり取りはほとんどありません。

たとえば、円でユーロを買うときは、円を米ドルにして、米ドルでユーロを買います。

逆に売るときは、ユー囗を米ドルにしてから円に戻すのです。

つまり、ドルストレートは2国間、クロス円は間接的ながら3国間の取引になるというわけです。

クロス円の取引にも、米ドルの動向がある程度影響することを押さえておきましょう。

コメントは受け付けていません。